誰も悪くない


かつてはイベントに出店して

子供さんでも短い時間で楽しめるワークショップを

提供させてもらう機会があった


母親と子供

「やりたい!やりたーっい!」と言う子供さん

子供にやらせてあげるお母さん

半数以上は隣で見守るスタイル


最初子供さんは自分の好きなガラスの色を

好きなように配置する

何個か配置すると

母親が

「こうした方が良い。もっと色んな色を使った方が良い」

とアドバイスをする

すると次第に子供さんはチラチラと母親の顔を見ながら

選んだり配置したりする

それでもアドバイスは続く

「この色なんか良いんじゃないかな?」

「こう置いたら良いよ!」

子供さんは足をブラブラと振り

顔から笑顔は消え

もうやりたくないような顔をして一向に進まなくなる

すると母親が

「あなたがやりたいと言ったんだからちゃんとやって!」

と少し怒り気味になる


こんな場面をよく目にした

いつも心が痛んだ


楽しんで欲しいと思って子供がやりたい事を

やらせてあげるお母さん

楽しみたい子供

なのにそうならなかった


このやりとりは自分の中でも起こっている事に

気がついた時は愕然とした


自分は一人暮らしで私が何をしようと

怒ったりアドバイスしたりする人はいない


やりたくない時はやらなくて良いし

寝たい時には寝たらいい

なのに

私の中の口うるさい何者かが

いつも私を酷く怒る


私のやりたい事にケチをつけて

「そんな役にも立たない事をしている暇はあるのか!」

「もっと効率良く色々出来ないのか!」

「なんでそんな事すらちゃんと出来ないんだ!!!」


楽しい事をやりたい小さな私は子供のように

足をブラブラして笑顔が消え背中を丸めて小さくなる


「あぁ私はなんてダメな無能な人間なんだろう」


結果何にも出来なくなるし何にもやりたくなくなる


私が悪いと思っていたけれど

私はただそういう教育を受けただけだったんだ


そう教育した人達もそう教育を受けただけなんだ

だから誰も悪くない


私は自分でやり直すことにした

まだ始めたばかりだけど生きている限りやり直せる


楽しいことだけやる自分への道

自分の楽しい事というものもその内見えて来るだろう


#楽しい事だけやるために

#自分をやり直す

#闇から光へ

#誰も悪くない

#ヒーリングライト

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示