良い出会いへの執着、悪い出会いへの執着、両方を捨てて進む



2011年のイタリアモザイク勉強後、日本に帰るのに海外独り旅をやってみようと思った


汽車でバーリまで下ってギリシャ行きの船に乗り、ギリシャから更にクレタ島まで移動して最後はアテネという2週間くらいの旅


宿と移動手段だけネットで予約してその日どこに行くかはその日任せ


イタリアに到着した頃は工房と家の往復だけでも大変で、初めて汽車に乗った時は二度と帰って来れないかも!位の決死の覚悟だった事を思うとすごい計画


自分は方向音痴で英語が少し聞き取れる位の語学力でコミュニケーション能力も酷いもので交通手段を使うのもとても苦手

極め付けはひどいビビり!


そんな自分が!たまに訳のわからん冒険をしたりする


緊張して警戒をし過ぎている時は良い出会いは全くなく嫌な事があり

自分への責任感を持って自分とよく相談しながらリラックスしていると凄く良い出会いに恵まれた


しかしその想いを引きずって執着をすると何も起こらない


良い出会いへの執着ほど忘れるのに苦労した


旅中呪文のように言い聞かせた

執着を手放せ!


良い出会いが沢山あった


困った時には天使様か?!と思うように優しい人が現れ助けてくれた


どこに行って何を見たかはあまり覚えていないけれど出会った人の親切さだとか自分を信じて自分と相談して進んでいた自分の感覚は思い出す


喜びも怒りもうまくいかなかった事もうまくいった事も

なるべく早くその執着を手放して進む事が日々の中でも大切なのだろう

勿論しっかりと味わった後で


ぎゅっと握りしめたその手をパッと広げて笑い飛ばしてしまおう


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示