もしもあと数週間で地球が消滅するとしたら

2012年のアメリカの映画「エンド・オブ・ザ・ワールド」を見た


小惑星が、あと数週間で地球に到達する

そんな事態となったら私はどうするだろう?


映画の中では、暴動を起こす人、夫を捨てて愛人の元にいく人、

日常を過ごす人、仲間を集めて武器や食料を用意して衝突の後に備える人、

いつも以上に職務を全うする人、乱交パーティー三昧な人、

とりあえず最後に一緒にいてくれる人を探す人、家族の元にかけつける人、等々


将来の心配や他人との比較を取り除いた後に

自分の中には何が残るのか?


お金、仕事、名誉、美貌、家、家族、仲間、才能


そんなに必要なものではないのかもしれない


自分が自分として

人の為ではなく自分の為に

自分に正直な状態でいる事


ただそれだけで良いのかもしれない


人生に何かしらの爪痕も

生まれてきた意義も

見出す必要は本当はないのかもしれない









閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示